ハリポタ4巻読了

Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)

またまたお久しぶりですm(_ _)m

う〜ん。ようやく梅雨は明けたのですが。
・・・やっぱり夏はダメですね〜〜〜。
嫌いじゃないんだけど苦手な季節です。
どうにもやる気が起きず、毎日ダラダラと過ごしています。




え〜っと。
1週間ほど前にHarry Potter and the Goblet of Fireで600万語通過しました。


ここのところ、なかなかじっくり腰を据えて本を読む気分になれず、
いろいろと手にとっては投げ、別の本をつまみ食いしては投げ・・・を繰り返し。

先日「読みます!」宣言をしたHowl's Moving Castleも、
映画と原作の違いがどんどん出てきて面白くなってきたところで、
難しいわけでもつまらないわけでもないのにストップしてしまい。


読みたい気持ちはあるのに、体が(頭が?)いうことを聞いてくれない状態が続いたため、
それならば・・・と手に取ったのが、こちらHarry Potter and the Goblet of Fire (Harry Potter (Audio))のオーディオブック。
(※毎度のことですが、PBはUK版、CDはUS版です。)


ビールを飲みながら、あるいは布団にごろんと転がりながらぼけーっと^^
今回もまた素晴らしいJim Dale氏の朗読を楽しみました。

数ヶ月前この本を手にしたときには、前半のワールドカップのシーンが退屈で
(たぶん私の英語力が足りないせい^^;)中断してしまっていたのですが、
今回はJim Dale氏の臨場感溢れる朗読のおかげでさくっと通過しました。



・・・・・。
何を書いてもネタバレになってしまいそうなので
詳しい内容については触れないでおこうと思います。



が、噂では聞いていましたが、
前3巻に比べてとど〜んとトーンが暗くなってしまいます。

ハリーの中に渦巻くいろいろな感情。
そして、魔法界を取り巻く黒い影。

それでも、あちこちにローリングさんらしいユーモラスな表現がみられ、
覚悟していたほどは暗〜い気持ちにならず読み進めることができました。

あ、途中、ある人物の台詞にじわーっと涙がにじんじゃったけどね。

後半1/3は、結末が気になり待ちきれず、
思わずイヤホンを放り出してPBを一気読みしてしまいました。

う〜ん、面白かった!

今回は、いつにもまして先が気になる終わり方でした。
でも、次の5巻は恐怖の25万語!!
4回読んだらそれだけで100万語だよ〜。

(ちなみに、この4巻は19万語。
 今まで読んだ中で一番長い一冊でしたが、
 そんな長さを感じさせない面白さでした。)

あ、本も広げずにぼけーっと朗読聞いてただけなのに
しっかり19万語(!!)フルカウントしちゃいました。・・・これって反則技!?





それにしても、1巻をLRした頃には、すご〜く早口に聞こえたJim Dale氏の朗読。
今回は「あ〜ん、もう。もっと早く読んでよ〜っっっ(←先が気になって仕方ない)」
と感じるほどで、そんな自分の変化をとても嬉しく感じました。

ハリポタの感想をアップルするたびに同じコトを書いている気がしますが(笑)、
やはりシリーズものは、特に間隔を空けて読むと、理解度や読書スピードの
変化をしみじみ実感することができるのが嬉しいです。


最終巻が発売になる頃には、どうなってるかなぁ〜。
もしかして一晩で読了しちゃうくらいになってたりして。←それはさすがに言い過ぎ。

続きは・・・いつ読もうかな。楽しみです♪



☆ランキングに参加しています♪
 ポチッと応援していただけると励みになります。 →人気blogランキングへ

posted by とまと☆まま at 2006年08月11日 01:17 | Comment(10) | TrackBack(1) | 雑記
この記事へのコメント
とまと☆ままさん、600万語通過おめでとうございますーー(^^)

毎日だらだらと・・・・分かります〜。
暑くて暑くて何も集中できない私ですが・・・そんな中きちんと読まれているとまと☆ままさんは、すごいです!

ハリポタおもしろそうですよね。私もよんでみたいです。だけど、私はいつになったら読めるのかな;;
600万語というのは未知なる世界ですが、とまと☆ままさんのように、いろんな変化を感じれるようになったらいいのになーって思います^^
(まずは300万語が目標の私です^^)
Posted by りあ at 2006年08月11日 06:15
ぐは!600万語おめでとうございます(*´∇`*)
しかもハリポタなんですねー。読もう読もうと思いつつ他の本に気を取られっ放し。
のんびり後を追いかけます〜。
Posted by at 2006年08月11日 07:15
600万語通過おめでとうございます♪

ハリポタのCD、聞いているだけで
理解できるとまと☆ままさんがすごい!!

私はまだおそろしくて
CDの封すら開けていません^^;

夕べお風呂に入りながら
ハリポタ6巻一気に読んだら何万語になるんだろ〜なんて考えていたんですよ。
いつかやってみたいな〜。
でも1巻読むだけで息切れしそうな気も(笑)

とまと☆ままさんのように
時間をあけて読んで
自分の成長が感じられるようになるのもいいですね^^

Posted by すいかちゃん at 2006年08月11日 08:45
とまと☆ままさん600万語通過おめでとうございます!
すごいわぁ。朗読を聞いて分かるだけでもすごいのに
遅いからPBを一気読みだなんて・・
かっこ良すぎです〜♪
ハリポタはまだ大事に大事にとっているタイトルです。
本は腐らないからありがたし。
私は今ジャクリーンに四苦八苦しています。
ノラないくせに「ここまで読んで今更投げられないし・・」
と貧乏根性出してしがみついているところです。
早く読了してまた面白い本を探しますね。
Posted by pao at 2006年08月11日 13:03
600万語通過おめでとうございまーす。
Harry君って4巻ぐらいから、かわいい子どもから、
考える少年に成長していくような気がしませんか?
(5巻では不機嫌な思春期でそれも面白い)
毎日暑い!同じくダラダラモードのカイでした。
Posted by カイ at 2006年08月12日 21:01
みなさん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまってすみませんでした m(_ _)m


>りあさん
すっかり停滞モード、なかなか1冊を読み切ることができません。
絵本すら手に取れなくなってきたのでそろそろ重症かもしれません。
・・・音源はこういうときのお助けアイテムです♪


ハリポタ、面白いですよ!
巻を重ねる度によく練られたプロットだな〜と感心させられます。
ファンタジーというよりは学園もの(少年ジャンプ系?)という雰囲気です。
とはいえ魔法用語がたくさん出てくるので最初はとっつきにくいかも。
涼しくなってきたら^^ぜひ手に取ってみてくださ〜い。

楽しく読書を続けていくうちに、「難しい」と思っていた本が
いつの間にか「読みやすい」と感じるようになっているなんて
本当に多読の力ってすごいなぁ〜思います。

300万語も600万語も1000万語も遠い話じゃありませんよ!
いろいろ情報交換しながら、お互い楽しく続けていけるといいですね♪

Posted by とまと☆まま at 2006年08月12日 22:30
>雫さん
ぐは。とうとう600万語です。
ハリポタは最近、気合いが入らない〜でも読みごたえあるものが読みたい〜
というときのお助けアイテムになってきました。
こういうとき、読み慣れたシリーズものって有り難いなぁ〜と思います。
(もしかして雫さんのHeartlandみたいなものかも?)

雫さんは6巻原書で読まれたんですよね?
最終巻、楽しみですね!私もそれまでに追いつきま〜す。


Posted by とまと☆まま at 2006年08月12日 22:39
>すいかちゃん
ぼんやり聞いてるだけでも理解できるようになるなんて、
ほんとうにすごいですよね〜〜〜。それも1年半足らずで。
本人が一番ビックリです(笑)。

ハリポタ6巻一気読み!
やりましょう、ぜひやりましょう♪
7巻発売前に、どばーっと、いかが???
それだけでたぶん100万語超えるんじゃないかな〜?
・・・あ、でも、そのためには長期休暇が必要かも(笑)。


ハリポタは、読む度に「あ、私、以前よりスラスラだ♪」と
嬉しくなります。こういうシリーズが一つあると楽しいですよ!
Posted by とまと☆まま at 2006年08月12日 22:50
>paoさん
Jimさんの朗読、テキストを見ながらついていくのに精一杯だった私が
「もっと早く読んでよ〜っっ」と思うようになるだなんて、一年前には
思いもしませんでした! でも、聞き慣れた人の声だからかもしれませんね。
同じハリポタでも、別の俳優さんの朗読だと全然聴き取れない・・・かも(笑)。


> ノラないくせに「ここまで読んで今更投げられないし・・」
あぁ、すごくよくわかりますよ〜、その気持ち!!
せっかくここまで読んだのに・・・って考えちゃいますよね。

あぁ、でも、ただでさえ暑いのに、ノらない本を読み続けるのはツライです。
さっさと投げちゃって、別の面白い本を探しましょうよ〜〜〜。
ほら、本は腐らないですし。いつか楽しめる日が来るかもしれないです。
↑そのときはまた頭から読み直しですけどね、ぷぷぷ(って悪魔?)。
Posted by とまと☆まま at 2006年08月12日 23:03
>カイさん
暑い日が続きますね〜〜〜ぐったりですよね〜。
でも、読書の秋までもうちょっとと思って乗り切ります^^

そうそう、4巻を読んだ後にまた1巻をぱらぱらめくっていて、
ハリーもロンもずいぶん可愛らしかったんだな〜なんて思いました。
これまで天才児?っぽい扱いだったハリーも
4巻ではちょっと違う感じでしたよね。
この巻でもけっこう悩める青少年って感じ(笑)でしたが
5巻ではもっと不機嫌になっちゃうんですね・・・。
これは体力と気力のある時に読まなきゃヤバイかも。

続きも楽しみ♪
最終巻は私もリアルタイムで読みたいです。
Posted by とまと☆まま at 2006年08月12日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22198660

Harry Potter and the Goblet of Fire
Excerpt: Harry Potter and the Goblet of Fire (Book 4)J. K. Rowling Mary GrandPre Arthur a Levine 2000-07-08b..
Weblog: ほんわか多読生活
Tracked: 2007-08-06 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。