Chasing Vermeer

Chasing Vermeer (YL4.5/39000words)

「数世紀まえに犯された罪をあきらかにすべく、あなたの力をお借りしたい……」
差出人のないこんな手紙が、たがいに見ず知らずの3人の人間に配達された……。


続きを読む
posted by とまと☆まま at 2007年03月09日 14:19 | Comment(14) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

The Tale of Despereaux

The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, And a Spool of Thread (YL4.5/32000words)

あるお城にうまれた小さなねずみDespereaux。
他のねずみたちの半分くらいの大きさで、耳だけが異様に大きい。
でも、ちがっているのはそれだけじゃなかった。

音楽に耳をそばだて、光に心を奪われる。
図書館の本を囓るかわりに、物語を読みふけってしまう。
そして、とうとう、人間のお姫様に恋をしてしまった。

ねずみ界の掟を破ったために地下牢に送られてしまったDespereauxは、
忠誠を誓ったPrincess Peaを窮地から救うために、立ち上がる・・・。

続きを読む
posted by とまと☆まま at 2007年02月16日 01:14 | Comment(12) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

Number the Stars

Number the Stars (YL4.5/26000words)


ナチス率いるドイツ軍占領下のデンマークが舞台。
ドイツ兵たちによる厳しい監視の状況下で、
ユダヤ人の友人たちを助けるために命をかけて奔走する人々の姿が
10歳の少女Annemarieの視点でいきいきと描かれています。

続きを読む
posted by とまと☆まま at 2006年12月12日 02:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

Tuck Everlasting

Tuck Everlasting: Includes an Interview With the Author : 25th (Sunburst Book) (YL4.5/28000words)

10年ぶりに息子に会いに行くという女性、Mae。
誰かを捜している様子の、謎の「黄色いスーツ」の男。
家族の過保護にうんざりし、家出を企てている10才の少女Winnie。

全く関係ないと思われる3つのストーリー。
それぞれが絡みあうとき、とても不思議な、
そして忘れられない出来事に発展します。。。

続きを読む
posted by とまと☆まま at 2006年07月10日 11:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

The Twins at St.Clare's

The Twins at St.Clare's (St Clare's) (YL4.1/総語数43000語)


PatとIsabelは仲良しの双子の姉妹。
今学期から新しい学校へ転入することになりました。
でも、2人は新しい学校へなんて行きたくありません。

今までの学校では最高学年でHead Girlにも選ばれ、
楽しい生活を送ってたのに。

新しい学校では一番下の学年になってしまううえ、
地味で厳しくて退屈な学校みたいです。

たくさん問題を起こして退学になってやろうと考える2人ですが・・・。
続きを読む
posted by とまと☆まま at 2006年06月27日 11:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

Beezus and Ramona

Beezus and Ramona (YL4.5/総語数22010語)


9歳のBeezusの一番の悩みの種は、4歳の妹Ramonaのこと。
次から次へと面倒事を引き起こすRamonaに、Beezusは振り回されてばかり。

・・・なんだか聞いたことのある話だなぁ〜と思ったら、
まるでFudgeシリーズの女の子版ですね(笑)。

続きを読む
posted by とまと☆まま at 2006年06月14日 03:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

Tales of a Fourth Grade Nothing

Tales of a Fourth Grade Nothing (YL4.5/総語数24000語)

Fudgeシリーズ第一巻。

主人公は小学4年生の男の子、Peter。
Peterの一番の悩みの種は、2歳半の弟Fudgeのこと。
そりゃぁもう、やることなすことなにもかもめちゃくちゃなんです!

パパの大事な取引先のお客様を怒らせてしまったり、
空を飛ぼうとしてジャングルジムから落っこちちゃったり、
・・・そして、なぜかいつもお兄ちゃんのボクが怒られちゃうんです!

ひどいよ、いつだってボクが一番大変な目にあってるのにぃ!!
続きを読む
posted by とまと☆まま at 2006年04月29日 00:13 | Comment(4) | TrackBack(2) | 児童書(レベル4)

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time

The Curious Incident of the Dog in the Night-time (YL4.1/総語数65000語)

ある晩、隣家の犬が殺されているのを発見したChristopher。
犯人の濡れ衣を着せられたのをきっかけに、真犯人捜しを始めます。
ところが、その犯人捜しは、意外な方向に展開してしまって・・・。続きを読む
posted by とまと☆まま at 2006年03月30日 16:08 | Comment(2) | TrackBack(2) | 児童書(レベル4)

SHILOH

Shiloh (YL4.5/31000words)

主人公のMartyは、ある日、ビーグル犬に出会います。
どうやら、近所に住むJuddのもとから脱走してきたみたい。
日ごろからJuddによい印象を持っていないMartyは
Juddが犬を虐待しているらしいということに気づきます。

なんとかこのビーグル犬を助けたいと思うMartyですが・・・。


続きを読む
posted by とまと☆まま at 2005年12月19日 18:22 | Comment(4) | TrackBack(1) | 児童書(レベル4)

Someday Angeline

Someday Angeline (Avon/Camelot Book)(YL4.5/27550words)

「天才児」のAngelineは、8才なのに6年生のクラスに入れられてしまいます。

何でも知っているAngelineに、クラスメイトも先生もいい顔をしません。
クラスメイトの意地悪な態度に加え、先生にまで目の敵にされ、
Angelineは学校に行くのがイヤでたまりません。


そんなある日、Angelineは、
さむ〜いギャグを飛ばすために誰にも相手にされない男の子Goonと友達になります。

Goonのジョークに笑い転げるAngeline。
そんなAngelineの姿に、とまどいながらも喜ぶGoon。

Garyのクラスの担任の先生Mr.Boneとも仲良くなり、
ようやく学校へ行く楽しみができたと思ったのに・・・。

続きを読む
posted by とまと☆まま at 2005年09月16日 01:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 児童書(レベル4)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。